« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

イチョウウキゴケ

やり残した事が多い内に一年が過ぎました。

毎日違う自然の素晴らしさに出会える幸せを

歳を重ねる度に強く感じた年でした。

今朝の庭・・・シモバシラが大きな霜柱を付け

朝日に光る冬芽には何処から来たのか羽を

広げて飛び立つ種が・・・何でしょう??。

Simg_7897Simg_7914

Simg_7734Simg_7847

休耕田に一時消えてしまったイチョウウキゴケが

戻っていました。デリケートで農薬、水質汚濁など

で絶滅が心配されている浮遊して生きる苔ですが

水が干上がると土に付き生育している姿もありました。 

何時までも此処にいてほしい貴重な植物、大切に

見守って行かないと・・。

Simg_7782Simg_7892 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

霜の朝

霜の降りた朝、いつも踏まれている小さな葉も

木々の葉もキラキラと宝石のように輝いている。

低い陽射しでもどんどん解け始め上手く撮れない

内に蒸発してしまう程柔らかい霜でした。

春を待つエビネを大きな枯葉で覆い霜対策・・・です。

Simg_7293_2Simg_7292

Simg_7301Simg_7722   

まだ残っている葉も北風に耐えながら飛ばされそう・・・。

冬至の陽射しに陰を写しながら・・・。

寒さもこれからが本番。乾いた日が続くようです。

Simg_7314Simg_7492

Simg_7288Simg_7710   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まだ紅く

冷え込んだ朝、枯れまいと耐える植物の命が

たくさんあります。

未だ紅葉が見られる木々が寒さに向かう

度に紅く、紅くと頑張り続ける木。

間違いではなく斜面から生きる木。

暗い山陰から陽射しを求めての成長なのですね。

Simg_7404Simg_75641

Simg_7595Simg_7670   

夏を彩ったスイレン池もすっかり初冬の姿を見せ

うっすら初氷も。冬鳥達の遊ぶ姿も日毎に多くなり

短い陽射しと追いかけっこしているのかな・・・。

Simg_7637Simg_7659

Simg_7647Simg_7323   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤い実

師走に入り一番遅い紅葉を訪ねて来ました。

此処も紅、黄色に染めながら千切れた葉が多く

冷たい風に舞いながら散り始めの時でした。

Simg_7126_2 Simg_7165

Simg_7142 Simg_7176

湖面から吹き上げる冷たい風。遠くの山中にはっきり

と見えた赤い実はイイギリの実。澄んだ青空に赤い房を

下げ行く秋を惜しんでいるかの様にゆらり・・・ゆらり・・と。

Simg_7053 Simg_70731

Simg_7159Simg_6893 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

のんびりと秋

昨日はぽかぽか陽気に汗ばむ程、今日は一転し

寒く冷たい雨の一日でした。房総方面も今年は

紅葉が遅れているらしいとの事。でも近くの公園は

すでに見頃過ぎでカサカサと風に舞いながら落葉・・。

Simg_70111 Simg_7007

Simg_7010Simg_6876

池に遊ぶ鳥達、カメさんもポカポカと甲羅干し・・。

紅く染めた木々、のんびりと美しい秋色の道でした。

Simg_6907_2Simg_69391

Simg_69191Simg_69241 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »