« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

残暑が

ひんやりとした涼しい日に秋を感じていましたが

残暑がまた戻って来ました。細い林道は風が通らず

真夏の暑さ、咲く花はあまり見られません。

コモチシダは子供(無性芽)をつけ、下には落ちて

定着成長した子供がたくさん見られ、オニドコロは

長いツルを伸ばし少し赤い??トンボ達と揺れています。

Simg_3249 Simg_3245

Simg_3246 Simg_3265_2

ヌマトラノオもキンミズヒキも夏に咲いていた残り花。

秋の花が咲き始めるまで頑張っているのでしょうね。

Simg_3257 Simg_3240

畑ではゴマが田んぼではハスが・・・秋を待つ姿でした。

Simg_3281 Simg_3229

| | コメント (2) | トラックバック (0)

優美なサギソウ

残暑厳しい炎天下に咲き続けるサルスベリもさすがに

暑そう・・葉も花も一雨ほしそうです。近くは降っているのに。

長く伸ばした花茎にサギが大空に白い羽根を広げて飛ぶ

姿の花・・サギソウ・・優美な清らかな素敵な花が飛び始め

ました。今年は花の数が多く自宅の庭で舞い踊っています。

かっての自生地は環境破壊・・などで消滅し今は大工場が

立ち並ぶ工業団地に変ってしまいました。残念です。

Simg_3191 Simg_3160

Simg_3148_2

Simg_3176 Simg_3194

夕涼みに歩くと木立が騒がしい。サギ??が何処からか

舞い降りた所でした。この姿・・・。

Simg_3093 Simg_3088

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヒマワリの丘

今日も猛暑日、暑さに衰えが見られません。

急に青空を覆う黒い雲に少しでいいから降って・・と

お願いしても雷鳴を残して雨は降らずの毎日です。

何時も行く灯台、海に落ちそうに残されているのは戦時中に

使用されていた貴重な電波探知機の礎石です。この辺りで

一番高い場所に作られていたとの事で眺めは最高ですが。

Simg_2547Simg_2544 

海から上がってくる戦闘機を葉の隙間からちらりと見ていた

遠いあの日は青空に大きく咲くヒマワリの丘でした。

今日は青空でなく黒い雲の下で力強く咲くヒマワリ。

・・・・・平和な日々が何時までも続きますように・・・・・。

Simg_2928 Simg_2926

Simg_2941 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

輝くハマナデシコ

海岸の岩場や礫地の斜面で夏から冬まで花を咲かせる

ハマナデシコ。厚くつややかな葉は冬の寒風に耐えながら

枯れる事もなく今にも崩れそうな岩にしがみついている。

Simg_2487 Simg_2416_2

太い株立ちにあざやかなピンクの花を輝かせながら

大海原を見下ろすその姿は美しく力強く、あきらめる

事のない勇気と希望を持って歩みなさい・・と囁いて

くれた気がしました。

Simg_24181 Simg_2465

Simg_2400 Simg_2473

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »